志の輔落語、この人やっぱりすごいわ(*^^)v

20140719-003103.jpg
仕事が終わって、大急ぎで金沢駅へ。
金沢駅に入った途端、やっちーさんに遭遇!
なんだか、いろんな所で偶然会う方なんですが「やっち~さん!」って声をかけて気づいてもらったけど「じゃ!志の輔いくんで!」って話す間もなくお別れ、っていうかそんなら声をかけないでって言われそうな勢いでした。ごめんなさい(^_^;)

そして、6:30ギリギリで会場入り。
でも、お弟子さん2人が1席づつ落語をするところだったので、大丈夫でした♪
さすがに、志の輔さんのお弟子さんなのでとっても上手です。
そして、いよいよ志の輔さん登場。
枕の話がやっぱりうまい。
みんなを感心させながら笑わせて、すっと落語に入っていくんですね~。
「緑の窓口」を生でみれるとは思ってなかったので嬉しい。
そうそうそれそれって思いながら、大笑いです(*^^)v

休憩があって次の1席。
これは、笑いから始まって泣きながら終わる。家族思いのお兄さんが泣かせるんですね。

県立音楽堂は、落語をするのに丁度いい大きさなんだそうです。
その人たちを、一気に笑わせて泣かせる話術。古い事を現代の人に説明するのもとってもわかりやすいし。現代の事もちょっと難しい事を、ものすごくわかりやすく説明してくれるんですね。
この頃は、youtubeみるといろんな噺家さんの落語もみれます。
古典落語はどうも、ストーリーは1つだけど、演じる人によってちょっとづつ違ってたりするんですね~。それを聴き比べるのも面白い。
そして、志の輔さんはうまい!
志の輔さんは、きっと落語がとてつもなく好きで、とてつもなく研究して、とてつもなく練習したんでしょうね(^-^)
だから、伝わる!
鼠小僧の話とかほんとに泣きます。
死神とかも面白い。あ~!伝えるのって難しい(^_^;)ボキャブラリーを増やさんと(>_<)