尾小屋鉄道の汽車を見てきました!おまけに十二ヶ滝も(^^)行ってよかったです(^-^)


20140405-002801.jpg
木曜日は店の定休日です^ ^
実家の両親を誘って、鶴来に行ってきました(^^)
食事をしてから、金儉宮へお詣りに行き、その後、母に「尾小屋鉄道に行ってみたいんだけど、道知ってる」って聞いたところ、あそこからああやってこ~やって行けば着けるんじゃないとのこと。80歳を過ぎても、確実に私よりいろんなことを知っている母です(^O^)

鶴来方面は寒いから桜はまだかと思いきや、結構咲いてました。そして、母ナビのお蔭でどんどん尾小屋に向かっている様子です。
田舎道をどんどん走っていきます。道が結構きれいです。途中、十二ヶ滝をちらっと左手に見ながら、進んでいきます。そして、いよいよもうちょっとの辺りまで来ると、看板があり、左の細い道に入りました。
かなりの心細くなるような道です。うちの車、26000㎞超えてるので、無事に行って帰れるのか、ちょっと不安になりながらも、行くしかないので進んでいきます。

すると、見えてきました。見覚えのある風景です。ずいぶん前に来たことあったもんで。
でも、前は電車の展示はされてなかったように思いますが、立派な電車が展示されてました。
電車の向こう側には、走っていた時の様子などの写真や、使っていた道具なども展示されてました。
両親は、電車が走ってた時の事を知ってるらしく、懐かしそうに見てました(^^)
一緒に来れてよかったかな(*^^)v

帰り道、十二ヶ滝を通り過ぎたけど、なんか人がいっぱいいたし、川がなんか凄そうに見えたのでUターンして
見物に。
ちょっと下に降りると、桜も咲き始めていて、ちょっと黄色っぽい岩が滝の所から川底までいっぱいで、そこを川の水が勢いよく流れていくのがほんとに美しくて、見惚れてしまいました(^.^)
来週あたり、桜も見ごろな感じでした。もう1回その頃に来てみたいかも(^^)

そして、うちの車はちゃんと無事に家まで頑張る事が出来ました(^^)/

その翌々日、母から電話がありました。
どうしたのかと思ったら、お詣りのご利益があったっていう報告でした(^^)
そんなこと、あるわけないわって思っていた母が、60年前に友達と3人で話題にしてた人が
新聞に載ってたんだよって。友達が気がついて教えてくれたそうで、気分は60年前にタイムスリップしてました(*^^)v
やっぱりね!だって、私も、毎回行った後はいっぱいいい事あるもんね(*^^)v

Follow me!

お電話はこちらから

夢ミルク館への直通電話は
076-255-1369
です。

気をつけてお越しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です