いよいよ地元の新聞、北國新聞に掲載されました(^^)/夢みる子石川県デビューです♪


image

image

「夢ミルク館のビン牛乳の小ビン入りを売りたいと思ってるんですよ。」って、大阪から来てくれてる堀美和子先生に言ったのは、昨年の12/24のクリスマスイブ。
女2人のクリスマスイブだけど、2人ともお酒飲まないんですよね。
金沢駅のすぐ近くの「金澤どぜう貴婦人」での事。

その後、先生に派遣で来てもらった時に堀先生が閃いたのが「ホリ牧場の腰に手を当てて飲む牛乳」って名前。
「ラベルを作って、そこには女の子のキャラがいいな」っていう事で、いつもお世話になっているデザイナーの高橋さんに聞いてみました。
そして石川県デザインセンターさんを介して、金沢学院大学の吉田先生と繋いでくれました。
以前、金沢の広坂という町のキャラクター、広坂君のというキャラを創りだしたのがここの生徒さんたちだったんだそうです。

学校へ行き皆さんとお会いしたところ、とっても楽しい雰囲気で、イメージがどんどん膨らんできて、高橋さんが考えてきてくれたプロフィールから、夢みる子がだんだん見えてきました。

そして、学生さんたちの中でラベルのデザインをしてみたい生徒さんたちに、みる子を描いてもらい、その中からみる子らしい子を選ばせてもらいました。
それが、寺中睦姫さんのデザイン。

その後、夢ミルク館へ来てもらい、店や牧場を見てもらってまたミーティング。
吉田先生や企画をしてくれてる新津さん。もちろん、寺中さん。デザイナーの高橋さんとみんなで、さらにイメージを固めてくれました。

うちのスタッフに作ってもらった、富士山の看板とゆののれんもデザインにいれてもらい、思ってた以上のラベルになって大興奮。

ラベルになって店に届いたのは、4/28。GWに間に合いました。

売場の冷蔵庫に入れておくと、年齢関係なくたくさんの方が牛乳を飲んでくれるようになりました。時にはちゃんと腰に手を当てて飲んでくれる方もおいでます♪

夢ミルク館はソフトクリームの店だと思ってたんですが、牧場で搾ってる牛乳をたくさんの人が飲んで、知ってもらえる事って一番大事な事やったなって思いました。
ラベルにかわいいキャラが描かれたことで、みんなが手に取ってくれる商品になるんだな~。デザインってそんな力があるんだな~って、改めて思いました。

実はこれで終わりではないんです。みんなでのミーティングの中で次の展開も話に出てきているので、それを続けてやっていけるようにどうするかをまず考えて、次の展開を、ぜひやっていきたいなって思ってます。

それにしても、周りのたくさんの皆さんの力でできた事やな~と思います。
みんなに助けられてばっかりなんですが、みなさ~んこれからもよろしくお願いしま~す(^^)/
ありがとうございまいた~(^^)/

 

Follow me!

お電話はこちらから

夢ミルク館への直通電話は
076-255-1369
です。

気をつけてお越しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です